スペイン「アフターコロナ」期へ:警戒態勢解除

スペインでは6月21日より、新型コロナ蔓延で3月中旬から導入されていた警戒態勢が解除される。この日すでに、一部外国人の入国が許可され、隔離や自粛など制限措置はほぼすべて解除された。

21日以降、外国人(とはいえ一部EU諸国のみ)のスペイン入国、またスペイン国民も自由な国内移動が許されるが、一部の行動制限は残るという。

WHO - Sputnik 日本
WHO 世界は極めて危険なフェーズにある 1日の感染者数が最多に
まず公共の場ではサージカルマスクを着用、さらに安全な距離を1.5メートル保たなくてはならない。違反した場合は最大100ユーロの罰金が科せられる。そのほか、娯楽施設やビーチ、博物館や劇場などの入場者数は依然として制限される。残る制限に関しては地方自治体の判断に任される。

スペインへの外国人入国は6月21日よりポルトガルを除くEU加盟国市民、7月1日よりその他の国々の市民が可能となる。入国の際に2週間の待機は不要だが、トリプルチェックを受けなければならない

スペインは新型コロナ感染者が世界でも多い国で、この間に約24万6千人の感染、また2万8300人の死亡が確認されている。

スプートニク通信マドリード特派員は、新型コロナ感染拡大当初から状況をウォッチ。厳しい制限措置を導入してスペインにどのような変化があったか、またこの困難な時期に医療制度がどう機能したかをレポートしている。

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
スペイン「アフターコロナ」期へ:警戒態勢解除 - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала