ベイルート爆発で穀物庫に被害 備蓄が1ヶ月分に満たない

© AP Photo / Hussein MallaВид порта Бейрута после взрыва
Вид порта Бейрута после взрыва - Sputnik 日本
フォローするGoogle news
レバノンのナーマ経済・貿易相は、同国の首都ベイルートで発生した爆発でレバノンの主要な穀物庫が被害を受け、備蓄が1ヶ月分に満たないことを明らかにした。ロイター通信が報じた。

ナーマ氏によると、レバノンは食糧安全保障のために少なくとも3か月分の備蓄を必要とするため、現在当局が代わりとなる貯蔵施設を探している。

Последствия взрыва в Бейруте - Sputnik 日本
ベイルート爆発 ゴーン被告の家も被害
輸入業者連合のアフマド・ハティト会長は、爆発当時ベイルートの穀物庫には1万5000トン以上の小麦が保管されていたと語った。

ナーマ経済・貿易相はサイト「LBCIニュース」のインタビューで、穀物庫は破壊されたがレバノンが食糧危機に直面することはないと強調した。

5日、爆発の処理活動を支援するため、ロシア非常事態省がベイルートに航空機5機を派遣することがわかった。特別機は移動式診療所、医師、救助隊をベイルートへ輸送する。


4日、ベイルートの港で大規模な爆発が発生し、その際に生じた爆風が街を襲った。最新情報によると、100人以上が死亡した。爆発の影響からたくさんの建物が壊れ、窓ガラスが割れる事態となった。爆発原因についてはまだ公式な発表はない。5日には国内で哀悼の意が表されることとなった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала