登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

肉を食べるのを止めると体に意外な悪影響が 骨折のリスクが上昇

フォローする
肉を食べることを拒んでいると骨折のリスクが高まることが、研究者らによって明らかになった。英インデペンデントが伝えている。

英オックスフォード大学の研究者らは、ベジタリアンやビーガンの他、肉や魚を食べる計5万4000人以上の参加者を対象に調査を行った。すると参加者から3941件の骨折例が報告されたことから、研究者らは骨折と食事の関係について分析を行った。

大豆 - Sputnik 日本
大豆食品の危険性を研究者らが証明
ベジタリアンやビーガンのグループでは、食事によるカルシウムやタンパク質の摂取量が減っており、骨がもろくなっていることが分かった。また、ベジタリアンや、肉よりを好んで食べる人々は、大腿骨骨折のリスクが肉を好む人より高いことも明らかになった。

ヴィーガンはボディマス指数(肥満度を表す体格指数)が低く、骨折例は20年間で1000人あたり20件と骨折率が高いことが分かった。また、大腿骨骨折のリスクは、肉や魚を食べる人より2倍高いことも判明している。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала