米国務省、中国当局によるウイグル女性らの制度的レイプを批判

© AP Photo / J. Scott Applewhite, File米国務省
米国務省 - Sputnik 日本, 1920, 04.02.2021
中国の新疆ウイグル自治区では収監されているウイグル女性らの集団レイプが横行しているとの報道や証言を受けて、米国政府は中国政府を批判する声明を発表し、国際機関による独立した調査を早急に許可するよう要請している。

リアノーボスチ通信が入手した米国務省の声明には次のように記されている。

我々は新疆の収容所に収監されたウイグル人やほかのイスラム教徒が制度的なレイプや性的搾取にさらされているという報道(当事者の証言を含む)を受けて深い懸念を示すものである。中国共産党政府はこのショッキングな批判や、新疆におけるほかの野蛮行為について、外国の監視団体による独立した調査を許可するべきである。

また国務省は中国当局がウイグル人や宗教的マイノリティの民族浄化に加担しているとして批判を強めている。

これらの野蛮行為は良心ある全ての人を震撼させるもので、こうした行為は深刻な結果を呼ぶであろう。

国務省は具体的に、どういった「結果」が生じえるかについては言及していない。そのうえで、国務省は拘束しているウイグル人を速やかに釈放し、弾圧行為を中止するよう要求した。

​これに対し、中国政府は米国による批判を退け、内政干渉にあたるとして反発している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала