トヨタ自動車 2035年までにカーボンニュートラルな生産を目指す

トヨタ - Sputnik 日本, 1920, 12.06.2021
日本を代表する自動車メーカー「トヨタ自動車」は、2035年までに二酸化炭素の排出量をゼロにすることを目標に、世界各地の工場を刷新する予定。

同社は、メディア関係者向けのオンライン説明会「未来を拓く大切なものづくり」での声明をウェブサイトに掲載した

「私たちは、グリーンファクトリーを目指しています。カーボンニュートラルはものづくりを根本から見直す機会を与えてくれています。2035年には工場がカーボンニュートラルとなるという目標を持って、様々なチャレンジをしていきます」

これよりも前、同社は、2025年までに電気自動車15車種を生産する計画と、新しい水素エンジンの開発について発表した。これよりも前、同社は、2025年までに電気自動車15車種を生産する計画と、新しい水素エンジンの開発について発表した。

トヨタ自動車は、2020年に自動車販売台数で世界トップとなった。同社のラインナップには電気自動車の車種はまだない。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала