登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

CNN:中国へ警告-太平洋地域に米国が戦闘機F-22の大部隊を派遣へ

CC0 / Robert Sullivan / Lockheed Martin F-22 Raptor米F22戦闘機(アーカイブ)
米F22戦闘機(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 19.07.2021
フォローする
米空軍は太平洋西部地域に約25機の第5世代ステルス戦闘機F-22を差し向けるとCNNが報じた。報道では、こうした大規模な展開をアナリストらは中国政府に対する明らかな警告であるとし、太平洋地域における一連の領土問題で米国政府には中国政府との緊張関係が形成されたと指摘する。

CNNの報道によれば、7月にハワイおよびアラスカの米空軍基地から約25機の戦闘機F-25が太平洋のグアムとテニアン島に派遣され、そこで実施予定の軍事演習「Pacific Iron 2021」に参加することになるという。米軍専門家のカール・シャスター氏はCNNのインタビューで、中国が重視する地域でこれほど大規模な米軍機群が展開するのは、台湾や南シナ海といった緊張状態にある地域の問題で両国関係が悪化したことを物語っていると述べた。同氏によれば、演習に参加する戦闘機F-22は通常は12機であるという。

マーク・ミリー統合参謀本部議長 - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2021
米国、中国による台湾侵攻の時期を予測
同専門家は、「太平洋の米空軍は、現在、全体として中国が所有するのと同数またはそれ以上の第5世代戦闘機を戦闘地域に展開することができることを示している」と指摘する。CNNは、実際、中国空軍は今日、約20~24機の現役の第5世代戦闘機を所有しているが、しかし、同国の軍事的潜在能力は急速に強化されていると強調する。

また報道では、おそらく戦闘機F-22そのものは、レーダーの発見を逃れる能力により、軍事紛争において、まずはじめに関与することになると指摘する。オーストラリアのグリフィス・アジア研究所のアナリストであるピーター・レイトン氏も同様の考えを示している。同氏によれば、米国は、深刻な事態または戦争が発生した場合にすぐに軍を大規模派遣する用意をはじめており、有利な状況を早急に占めるための軍の構成を研究しているという。


この間、通信社「スプートニク」は、太平洋地域で米空軍機がロシア国境に接近しようとし、その都度、ロシア戦闘機が対応を行ったことを報じている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала