登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

滞在時間が約1日の無人機、中国で開発

© AP Photo / Ng Han GuanCH-6
CH-6 - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2021
フォローする
中国で、滞空時間が約1日の無人機が開発された。2021年中国国際航空宇宙博覧会(Airshow China 2021)で公開された。Global Times(環球時報)が報じた。
この無人機「CH-6」を開発したのは、中国企業のAerospace CH UAV Co。公開された無人機は、長時間にわたって自律的に飛行できるのが特徴。CH-6には、経済性にすぐれたターボファンエンジンが搭載されており、滞空時間は約20時間、時速700kmまで加速できる。
CH-6は、軍事目的で使用される見込みだが、開発者らは、その長い航続距離やその他の特質は、民間の課題を解決するためにドローンを使用することを可能とすると指摘している。
CH-6は、対潜水艦任務を遂行したり、海のパトロールや早期警戒任務に参加したり、近距離で空から支援を行うことなどが可能。
プレゼンテーションでは、CH-6のその他の特質も明らかにされた。CH-6の翼幅は20.5メートル、最大離陸重量は7.8トンで、「空対地」ミサイルや爆弾、対レーダーミサイル、ミサイルシステムなど合わせて最大450キロを搭載することができるという。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала