登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

対空ミサイル搭載の北朝鮮当局船、日本のEEZを航行=NHK

© 写真 : Press service of Russian Emergency Situations Ministry of Khabarovsk region日本海
日本海 - Sputnik 日本, 1920, 06.10.2021
フォローする
日本の海上保安庁は、日本の排他的経済水域で北朝鮮当局の船が携帯型の対空ミサイルを装備しているのを確認していた。NHKが報じた。
石川県の能登半島沖の「大和堆」では、ここ数年、北朝鮮や中国などの外国漁船による違法操業が問題となっている。
今年6月以降、イカ漁の時期になっても北朝鮮の漁船は大和堆周辺に現れなかった一方、北朝鮮当局の船が度々航行しているのが確認されていた
北朝鮮に対話を呼びかけるバイデン大統領:北朝鮮はなぜ拒否するのか? - Sputnik 日本, 1920, 05.10.2021
北朝鮮に対話を呼びかけるバイデン大統領:北朝鮮はなぜ拒否するのか?
今年6月末、海上保安庁は北朝鮮当局の船1隻が携帯型の対空ミサイルを装備しているのを確認していたことが判明。関係者によると、このミサイルは旧ソビエトが開発した「SA-16」と同じタイプで、射程は4.5キロに及ぶとみられる。
同様のミサイルは、2001年に奄美大島沖の東シナ海で海上保安庁の巡視船との銃撃戦の末に沈没した北朝鮮の工作船が装備していた。大和堆の周辺海域で、北朝鮮の船が携帯型対空ミサイル装備しているのが確認されたのは初めて。
海上保安庁は、大和堆周辺で操業する日本の漁船の安全確保に向け、警戒レベルを上げて対応している。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала