登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

移住は可能? スウェーデンにある自称国家「ラドニア」

フォローする
スウェーデン南部にある自然保護区の中に、スウェーデンからの独立を主張するミクロネーション(自称国家)が存在する。その「国」は岩場の海岸にあり非常に行きにくい場所にあるが、芸術家ラルス・ヴィルクス氏が建設した木製の彫刻群がランドマークとなっており、多くの観光客が訪れる。
ラルス・ヴィルクス氏は1980年、スウェーデンのスコーネ地方北西部にあるクッラベリイ自然保護区に、約75トンもの流木を使った彫刻「Nimis (ラテン語で「多すぎる」の意)」を、1991年に石の彫刻「Arx (ラテン語で「要塞」の意) と」の建設を開始。彫刻を発見した地元当局はこれまでに解体・撤去を要求してきたものの、地元住民の多くがヴィルクス氏の彫刻を支持してきた。
彫刻の建設に関する裁判が続く中、ラドニアは1996年6月、独立を宣言。2016年時点で世界中に約1万8000人の「国民」が存在しているという。
ヴィルクス氏はジョークとして、公式ホームページで移民の受け入れを公開していたが、ラドニアを本物の国だと勘違いしたパキスタン人約3000人が移民を申請する騒ぎがあった。申請すれば誰でも市民権が得られると知った人々から「大使館はあるのか」「ラドニアへはどうやって行くのか」などと問い合わせが殺到し、ヴィルクス氏は申請ページを閉鎖した。
そんなヴィルクス氏が今月3日、南部マルカリドの近くを警察車両で移動中、トラックとの衝突事故で死亡したことが報じられた。ヴィルクス氏は2007年、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺作品を発表したことで殺害予告を複数受け、身辺警護をつけていたという。
© REUTERS / TT News Agency/Johan Nilssonラドニアのシンボル 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」
ラドニアのシンボル 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」 - Sputnik 日本
1/6
ラドニアのシンボル 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」
© REUTERS / TT News Agency/Johan Nilsson芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」に置かれた花
芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」に置かれた花 - Sputnik 日本
2/6
芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」に置かれた花
CC BY 2.0 / Erik Daugaard / Ladonia bay viewスウェーデンからの独立を主張する自称国家「ラドニア」
スウェーデンからの独立を主張する自称国家「ラドニア」 - Sputnik 日本
3/6
スウェーデンからの独立を主張する自称国家「ラドニア」
© REUTERS / TT News Agency/Johan Nilssonラドニアのシンボル 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」
ラドニアのシンボル 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」 - Sputnik 日本
4/6
ラドニアのシンボル 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」
© REUTERS / TT News Agency/Johan Nilsson芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」に置かれた花
芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」に置かれた花 - Sputnik 日本
5/6
芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」に置かれた花
© REUTERS / TT News Agency/Johan Nilsson芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」
芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」 - Sputnik 日本
6/6
芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала