登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ワクチン接種後に新型コロナで死亡する可能性のある人たちとは? 研究者らが調査結果を明らかに

© Depositphotos / Ridofranz新型コロナウイルスのワクチン
新型コロナウイルスのワクチン - Sputnik 日本, 1920, 23.10.2021
フォローする
新型コロナウイルスのワクチンを接種した人たちの中で、この感染症で死亡する危険性のある人たちを、イタリアの国立衛生研究所の研究者らが明らかにした。ロイターが報じている。
研究者らは今回、2021年2月1日から10月5日までの新型コロナによるイタリア人の死亡者データを分析した。
すると、ワクチンを接種した人たちの中で、新型コロナで死亡した人の平均年齢は85歳で、およそ5つの慢性疾患(最も多いのは心臓病、がん、認知症)を患っていた。一方でワクチン未接種の死亡者の平均年齢は78歳で慢性疾患も患っていたが、その数は接種した人よりも少なかったという。
ファイザーの新型コロナワクチン - Sputnik 日本, 1920, 23.10.2021
新型コロナウイルス
ファイザーの新型コロナワクチン 5〜11歳の子どもに接種した場合のメリットはリスクを上回る=FDA
この調査結果を受けて研究者らは、新型コロナウイルスで亡くなるリスクは、一連の重度の慢性疾患をもつ超高齢者の間にもある。しかし、高齢者の間でもワクチンを接種した人は、未接種の人よりも生き延びる可能性は高いと結論づけている。
関連ニュース
米国食品医薬品局(FDA) スプートニクVによってはじめて開発された「ワクチンカクテル」法を認証 ブースターワクチンの「ミックスアンドマッチ」を許可-ロシア直接投資基金
ノルウェーの医師ら 12~15歳の児童への2回目のワクチン接種を推奨せず
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала