登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ファイザーの新型コロナワクチン 5〜11歳の子どもに接種した場合のメリットはリスクを上回る=FDA

© REUTERS / Dado Ruvicファイザーの新型コロナワクチン
ファイザーの新型コロナワクチン - Sputnik 日本, 1920, 23.10.2021
フォローする
米食品医薬品局(FDA)は、ファイザーとバイオエヌテックが共同で開発した新型コロナウイルスワクチンについて、5〜11歳の子どもに接種した場合のメリットは、起こりうる副反応のリスクを上回るとみている。同局がウェブサイトに文書でこのように発表した。
これよりも前、5〜11歳の子どもを対象にした、ファイザーとバイオエヌテックが共同で開発したワクチンの有効性が90%を超えたと報道された。来週にもFDAの専門家らが、5〜11歳に緊急承認を勧告する可能性について議論する。
FDAの文書によると、同ワクチンを使用すると、まれに心臓の機能に関する副反応が起こる恐れがあるという。
Здание компании Pfizer в Нью-Йорке - Sputnik 日本, 1920, 21.10.2021
新型コロナウイルス
ファイザー社製ワクチン、追加接種で95.6%の有効性
同局の専門家らは、新型コロナウイルスが蔓延している場合において、ワクチンを使用するメリットが潜在的な有害性を上回ると指摘している。
新型コロナウイルスワクチンは現在、米国では子どもの接種は12歳以上のみにしか承認されていない。ワクチンを開発する多くの企業が、12歳未満の子どもを対象にしたワクチンの試験を行っていると発表している。
関連ニュース
日本厚労省 10~20代男性にファイザー社製ワクチンを推奨へ
スペインの研究者 インフルエンザのように新型コロナ感染が季節性であることを解明
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала