新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

スノーデン氏 生態認証と引き換えに仮想通貨を取引しないよう訴え

© REUTERS / Andrew Kellyエドワード・スノーデン氏
エドワード・スノーデン氏 - Sputnik 日本, 1920, 26.10.2021
エドワード・スノーデン氏はユーザーらに対し、生態認証データを仮想通貨に交換しないよう訴えた。仮想通貨の市場サイト「Crypto News」が明らかにした。
サイバーセキュリテイーの専門家で、米国家安全保障局の元職員であるエドワード・スノーデン氏は、自身のツイッターアカウントで、ブロックチェーンスタートアップの「Worldcoin」を非難した。同社はネットユーザーらに対し、スキャンした網膜と交換に仮想通貨でベーシックインカムを提供するという。スノーデン氏は、「これは人々にとっては網膜のグローバルスキャンのように見える。どうやら開発者らは予め悪い結果を一掃し、すべてのデータは将来的に消去されると話しているらしい」と述べた。米国の専門家によれば、個人の生態認証データの消去が表明されたにも関わらず、このスキャンのハッシュ関数は今後ずっとデータベースに保存され、それらのおかげでいつでも難なくユーザー個人を特定することが可能となるという。
スノーデン氏はユーザーらに対し、第3者に自分の生態認証データを渡さないよう警告した。同氏は、「詐欺防止サービス、つまり、詐欺への対応のために、自分の生態認証データを使用しないでください。このためにデータを決して活用しないでください」と強調した。
以前、通信社「スプートニク」は、エドワード・スノーデン氏がすべての政府のデジタル通貨を否定し、これらは社会にとって危険であると指摘したことを報じている。
関連ニュース
ビットコイン再び下落 中国安徽省のマイニング禁止で
スノーデン氏が警告 iPhoneユーザーは危険にさらされている
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала