登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナ 抗うつ剤が治療に有効な可能性 ランセット誌

© Sputnik / Maksim Bogodvid / フォトバンクに移行新型コロナ
新型コロナ - Sputnik 日本, 1920, 28.10.2021
フォローする
新型コロナ用製薬として、抗うつ剤「フルボキサミン」が有効となる可能性があると、マクマスター大学の研究者らは考えている。深刻な合併症の数が66%減少していると指摘される。雑誌『Lancet Global Health』が報じた。
報道によれば、研究者らは新型コロナウイルスに感染したワクチン未接種の成人1497人を選出した。彼らの一部には10日間にわたり100ミリグラムのフルボキサミンまたは偽薬が与えられた。入院が必要な合併症は、フルボキサミンが投与されたグループの10.7%で、管理グループの15.7%で確認された。同様に、フルボキサミングループでは救急医療の要請が3分の1に減少した。
コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 28.10.2021
新型コロナウイルス
デルタ変異株 高い感染力の謎が解明
治験者の一部は、主に消化器疾患といった副作用から薬の摂取を中断した。最後まで治療を行った人の中には、深刻な合併症の数は66%低下し、死亡率は91%下がっている。
フルボキサミンは主に強迫性障害の治療で使用される。この疾病は、神経間でセロトニンの濃縮を高めるが、同時に、体内の炎症を抑える効果がある。
これは安価で、よく研究され、安全性の高い製薬であると研究者らは強調する。また、彼らは、規制当局が新型コロナの推奨事項に同製薬を含めることを期待している。
関連ニュース
うつ病を発見して治療できる装置 米国の研究者らが開発
研究者らが表明 新型コロナのPCR検査の精度は時間帯による
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала