京王線の刺傷事件 ハロウィンに合わせ実行 仕事や友人関係が背景に

警察庁 - Sputnik 日本, 1920, 01.11.2021
10月31日に東京の調布市内を走行中の京王線内で、乗客の10~70代の男女17人が刃物で刺されるなどして重軽傷を負った事件で、逮捕された服部恭太容疑者(24)が、人出の多いハロウィンに犯行を計画したこと、仕事や友人関係がうまくいかなかったことが原因であることなどを供述していることが明らかとなった。産経新聞が報じた。
同容疑者によれば、6月頃に仕事で失敗し、友人関係もうまくいっていなかったことから死にたいと思い、2人以上を殺し、死刑になりたかったと述べているという。また、電車での犯行は今年8月に発生した小田急線の事件を参考にし、米人気コミック「バットマン」に登場する悪役「ジョーカー」の装いで犯行におよんだとも述べているという。
英国、救急隊 - Sputnik 日本, 1920, 01.11.2021
英国南西部で列車2台が衝突 犠牲者はなし
また、京王電鉄は1日、事件の発生した特急は国領駅の停止位置の約2メートル手前で停車し、車両とホームの隙間からの転落を防止するために乗務員らが車両ドアやホームドアを開けない判断をしたと明らかにしている。
関連ニュース
アルゼンチン法廷 2人殺害の男、ネコ語話し強制退場
アフガニスタン タリバン名乗る3人が結婚式乱入のうえ殺害 タリバンがコメント
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала