登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「イカゲーム」の仮想通貨開発者、オンラインゲームの開催を約束し、200万ドル超を稼いでとんずら

© 写真 : Netflix 2021「イカゲーム」
「イカゲーム」 - Sputnik 日本, 1920, 02.11.2021
フォローする
米動画配信サービス大手ネットフリックスのドラマ「イカゲーム」をモチーフにしてつくられた仮想通貨Squidは、詐欺だった。開発者は「イカゲーム」をモチーフにしたオンラインゲームの開催を約束し、200万ドル(約2億2800万円)超を調達して、姿を消した。Gizmodoが報じた。
開発者は数日間で200万ドル超を稼ぎ、その後、Squidトークンが販売されていたサイトは削除された。なお、Squidを購入する際、ユーザーにはトークンの転売は不可能だと警告されていた。
開発者は、「イカゲーム」をモチーフにしたオンラインゲームの開催を約束していた。参加費は、複数のトークン、例えば、第1ステージの価格は456 Squidだった(ドラマの主人公の番号も456番)。主催者は、参加費から得た利益の90%を、今年12月に実生活で優勝者に授与すると約束していた。
Squidは最高値の2861ドルまで上昇したあと、すぐに0ドルまで下落した。このようなタイプの詐欺は「ラグプル(rug pull)」と呼ばれており、仮想通貨の開発者がトークンをリアルマネーですばやく現金化し、取引所の流動性プールを使い果たしたときに発生する。
Squidのサイトは削除され、ネット上にはアーカイブされたバージョンのみが残った。
関連ニュース
北朝鮮がNetflixによって韓国エンタメ産業が「たるんだ」と非難
「イカゲーム」の監督、自身の収入について語る
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала