登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

国連事務総長、平和維持軍を攻撃した兵士らの処罰を中央アフリカ共和国に要請

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / フォトバンクに移行Генеральный секретарь ООН Антониу Гутерриш
Генеральный секретарь ООН Антониу Гутерриш - Sputnik 日本, 1920, 05.11.2021
フォローする
国連のアントニオ・グテーレス事務総長は中央アフリカ共和国(CAR)政府に対し、国連の平和維持軍に対する攻撃に加担した人物を追求し、厳重に処罰するよう要求している。国連のステファン・デュジャリック報道官が表明した。
デュジャリック報道官は記者会見で次のように発言した。
事務総長は国連中央アフリカ多面的統合安定化ミッション(MINUSCA)の車両を月曜日にバンギで攻撃したCARの大統領直属部隊を厳しく非難する。この結果、エジプトから到着したばかりで武器を持っていなかった平和維持軍の兵士ら10人が負傷した。事務総長は、国連平和維持軍に対する攻撃は軍事犯罪に値すると強調している。事務総長はこの許しがたい攻撃に罪のある人物を調査し、速やかに責任追及する努力を惜しまないようCAR政府に要請している。
アントニー・ブリンケン米国務長 - Sputnik 日本, 1920, 27.10.2021
米国務長官、解放されたスーダン首相と電話会談
CARで平和維持活動を行う国連の平和維持軍は2日、エジプトから到着したばかりの兵士ら10人が大統領直属部隊に攻撃されたことを発表していた。国連側によると、大統領直属部隊は警告することなく平和維持軍に発砲を行ったという。平和維持軍を乗せたバスが撤退する際、この車両に女性が轢かれて即死した。
一方、CARの報道官によると、大統領直属部隊は平和維持軍に警告したにも関わらず、平和維持部隊が大統領官邸に極めて近く接近したことから発砲したと説明している。
関連ニュース
グレタ・トゥーンベリさん、「気候ストライキ」への参加を呼びかける 英グラスゴー
国連、飢餓問題を話し合うためイーロン・マスク氏に会うことを提案
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала