登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

NASA 今月後半、小惑星に衝突させる実験機打上げ DART計画

© AP Photo / Patrick Semansky米航空宇宙局(NASA)
米航空宇宙局(NASA) - Sputnik 日本, 1920, 05.11.2021
フォローする
NASA(米航空宇宙局)は小惑星と正面衝突させるための小型宇宙船を打ち上げる。地球と大規模な天体の衝突を阻止する技術の初実験となる。4日、同局が発表した。
ダブル・アステロイド・リダイレクション・テスト(DART)用機材の打上げは11月末を予定。今回のターゲットは小惑星Didimaを周回する、より小規模な地球近傍小惑星Dimorfとなる。
Dimorfは直径およそ150メートル。地球に危険をもたらすことはない。DART機の寸法はその「衛星」の100分の1で、時速2万4千キロの速度での衝突が想定されている。
本プロジェクトのコーディネータであるナンシー・チェイボット氏は記者会見で「DART機による小惑星の破壊は考えていない。DART機は小惑星に軽く衝突し、軌道を変えるのみ。起動のずれは1度範囲で収まるはず」と語った。
スペースX社「ファルコン9」に搭載した同機の打上げは11月24日、カリフォルニア州のヴァンデンバーグ宇宙軍基地から予定されている。
関連ニュース
NASA探査機ルーシー 打上げ成功 木星トロヤ群小惑星の探査へ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала