登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ワクチン反対派、証明書を発行してもらうため医師に賄賂を支払う 医師は本物のワクチンを接種 ギリシャ

© AP Photoファイザー製のワクチン
ファイザー製のワクチン - Sputnik 日本, 1920, 08.11.2021
フォローする
ギリシャで、新型コロナウイルスワクチンの反対派が、ワクチン接種証明書を発行してもらうため、医師に400ユーロ(約5万2000円)の賄賂を支払ってワクチンの代わりに生理食塩水を注射してもらおうとした。しかし医師らは賄賂を受け取ったものの、生理食塩水ではなく、ファイザー製のワクチンを接種した。ギリシャのTV局Mega TVが報じた。 
ギリシャでは、生理食塩水を使った偽物のワクチンを接種して10万人以上が偽のワクチン証明書を受け取ったという。しかし、一部の医師は賄賂を受け取ったものの、トラブルを避けるために本物のワクチンを接種した。
コスタリカ、5-11歳のコロナワクチン接種を義務化 - Sputnik 日本, 1920, 07.11.2021
新型コロナウイルス
コスタリカ、5-11歳のコロナワクチン接種を義務化
ギリシャ内務省は、このような問題が存在することを確認し、偽の証明書を持つ市民は10万人未満だと発表した。
現在、一部の市民は、自分の意志に反してワクチンを接種したため、複雑な法的および社会的問題に直面している。「騙された人たち」は、同意なしに提供された医療サービスについて医師を訴えることができるが、その場合、賄賂を払ったことを認めることになり、重い罰を受ける可能性がある。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала