登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

SARS-CoV-2変異株の抗体回避能力の分析で改良型ワクチンへの期待が高まる

© REUTERS / Jon Nazcaワクチン接種
ワクチン接種 - Sputnik 日本, 1920, 11.11.2021
フォローする
コロナウイルスのデルタ型とカッパ型がなぜ中和抗体を回避できるのか、その原因究明を行っていた米ワシントン大学の科学者らが、ある抗体だけは数種のウイルスの変異株を「捕まえる」ことのできる特徴を有していることを発見した。研究論文は「サイエンス」誌に掲載された。
ワシントン大学がモデルナ、ファイザー、ジョンソンエンドジョンソンのいずれかのワクチンを接種した22歳から66歳までの37人の血漿サンプルを採取して調べた結果、SARS-CoV-2のデルタ株、カッパ株、デルタ・プラス株の各変異体は接種によって産生された中和抗体の能力を低下させることがわかった。中でも最も強力に抗体の中和能力を低下させたのはデルタ・プラス株だった。
研究者たちは、コロナウイルスを細胞に感染させる主なツール役であるSタンパク質の変異を3種の変異株ごとに調べた。その結果、デルタ株ではタンパク質のN末端ドメイン(NTD)に「劇的な変化」が起き、より柔軟になることで抗体を回避していることがわかった。
一方でコロナウイルスの変異体と11種類の抗体の相互作用の分析では、最後の抗体の1つであるS2X303にはコロナウイルスのいくつかの変異株を「捕まえる」能力があることがわかった。S2X303のウイルスの中和方法を分析したところ、他の抗体とはほぼ90度異なる特異な角度でN末端ドメインに結合することがわかった。研究者たちは、今回の発見がコロナウイルスに対する新しいワクチンの開発の一助となるよう期待を表している。
関連ニュース
米ファイザー 5〜11歳への新型コロナワクチン接種を日本の厚労省に承認申請
コロナワクチンのブースター接種は毎年必要=ファイザーCEO
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала