米国 50年以上逃亡を続けた最重要指名手配逃亡者の1人を特定

CC0 / Pixabay /
金 - Sputnik 日本, 1920, 15.11.2021
米連邦保安官局は、50年以上逃亡を続けた最重要指名手配逃亡者の1人とみられる人物を特定したと発表した。
セオドア・コンラッドは1969年、勤務先の銀行から21万5000ドル(現在のレートで160万ドル、約1億8200万円)を盗み出した。金曜日の夕方、コンラッドは紙袋を持って銀行から出た。窃盗が明らかになったのは、それから数日後だった。
コンラッドは50年以上にわたり、警察の手を逃れ続けていた。
FSBが秘密文書を公開 ―ソ連に関する情報を日本に提供した国々 - Sputnik 日本, 1920, 13.11.2021
FSBが秘密文書を公開 ―ソ連に関する情報を日本に提供した国々
窃盗事件から3カ月後、コンラッドはハワイのあるホテルのバーで夫婦と話をしていたことがわかった。夫婦はTVチャンネルの報道で、話をしたのがコンラッドだったことを知ったという。
コンラッドは、1970年からトーマス・ランドールという名前でボストン郊外に住んでいた。コンラッドが新しい名前で作成した文書を調べたことで、痕跡を見つけることができた。
なお、コンラッドに責任を問うことはできなかった。今年5月、コンラッドはがんで死亡していた。
関連ニュース
車両内で起きた恐ろしい襲撃事件
過去最高額の暗号通貨が盗難
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала