登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

三つ子姉妹! ドイツの動物園で30年ぶりにライオンの赤ちゃん誕生

フォローする
ドイツ西部・ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェンにある動物園で15日、10月初めに生まれた三つ子のライオンの赤ちゃんの一般公開が開始された。
三つ子は10月8日に誕生。全員女の子で、名前は「ジャミラ」、「クマニ」、「マライカ」。アラビア語やアフリカの言葉でそれぞれ「美しい」「運命」「天使」という意味が込められているという。
飼育員によると、同園でのライオンの赤ちゃんの誕生は30年ぶり。3頭の誕生について「大変誇らしく、嬉しく思っている」と喜びを語っている
© AP Photo / Martin Meissner

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で生まれたライオンの三つ子、ジャミラ、クマニ、マライカ

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で生まれたライオンの三つ子、ジャミラ、クマニ、マライカ - Sputnik 日本
1/8

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で生まれたライオンの三つ子、ジャミラ、クマニ、マライカ

© AFP 2021 / Ina Fassbender

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で餌を前にする三つ子

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で餌を前にする三つ子 - Sputnik 日本
2/8

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で餌を前にする三つ子

© AFP 2021 / Ina Fassbender

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で、ライオンの三つ子の写真を撮る報道陣ら

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で、ライオンの三つ子の写真を撮る報道陣ら - Sputnik 日本
3/8

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で、ライオンの三つ子の写真を撮る報道陣ら

© AP Photo / Martin Meissner

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で、あくびをするクマニ

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で、あくびをするクマニ - Sputnik 日本
4/8

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で、あくびをするクマニ

© AFP 2021 / Ina Fassbender

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で、母ライオンのフィオナに毛づくろいをしてもらう三つ子

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で、母ライオンのフィオナに毛づくろいをしてもらう三つ子 - Sputnik 日本
5/8

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で、母ライオンのフィオナに毛づくろいをしてもらう三つ子

© AFP 2021 / Ina Fassbender

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で一般公開されたライオンの三つ子

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で一般公開されたライオンの三つ子 - Sputnik 日本
6/8

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で一般公開されたライオンの三つ子

© REUTERS / Wolfgang Rattay

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で一般公開されたライオンの三つ子、ジャミラ、クマニ、マライカ

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で一般公開されたライオンの三つ子、ジャミラ、クマニ、マライカ - Sputnik 日本
7/8

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で一般公開されたライオンの三つ子、ジャミラ、クマニ、マライカ

© AFP 2021 / Ina Fassbender

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で一般公開されたライオンの三つ子

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で一般公開されたライオンの三つ子 - Sputnik 日本
8/8

ドイツ・ゲルゼンキルヒェンの動物園で一般公開されたライオンの三つ子

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала