登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ビル・ゲイツ氏 新型コロナのパンデミック終息時期を予測

© AP Photo / Samuel HabtabАмериканский предприниматель Билл Гейтс
Американский предприниматель Билл Гейтс - Sputnik 日本, 1920, 18.11.2021
フォローする
マイクロソフト創業者で慈善財団の会長を務めるビル・ゲイツ氏は、2022年の中頃には、新型コロナウイルスの死亡率と感染率が、季節性インフルエンザの感染率や死亡率の平均レベルに近づくと予測している。同氏が、シンガポールで開催された新経済フォーラムでこのように発言した。
ゲイツ氏は、免疫の発達、ワクチン接種、新薬の登場により、死亡率は急激に低下し、感染率を下げるためには、新種の変異株が発生しないことも重要な要素だと指摘した。
さらにゲイツ氏は、新型コロナウイルスワクチンの供給問題が2022年には解決することを期待すると述べた。
Толпа людей в масках - Sputnik 日本, 1920, 15.11.2021
新型コロナウイルス
「現実社会の捉え方が変わる」 犯罪増加に対する新型コロナウイルスの影響
ビル・ゲイツ氏と元妻のメリンダ氏は、自身の慈善財団で発展途上国における危険な病気を根絶するための支援を行い、米国向けには健康と教育プログラムの支援に取り組んでいる。同財団は、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発や、パンデミックの影響を最も受けやすい貧困層への支援に数億ドルを寄付している。
関連ニュース
研究者が警告 2022年に二酸化炭素排出量がパンデミック前のレベルに復帰
日本の研究者が解明 新型コロナのパンデミックの長期化が精神面に与える影響
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала