天才版画家デューラーの未知の作品 複製と誤解で30ドルで売却の顛末

© 写真 : Agnews天才版画家デューラーの未知の作品 複製と誤解で30ドルで売却の顛末
天才版画家デューラーの未知の作品 複製と誤解で30ドルで売却の顛末 - Sputnik 日本, 1920, 23.11.2021
ドイツの画家アルブレヒト・デューラーの知られざる作品を1919年からを保管していたある建築家の家族は、作品は複製だと思い、米国人のバイヤーに30ドルで売却した。作品は現在、ロンドンのAgnews Galleryに展示されており、5000万ドルの価値があるとされている。アート・ニュースペーパーが報じた。
アート・ニュースペーパーによれば、デューラーの作品をその米国人が購入したのは2016年。作品の製作年は1503年とされていた。
2019年デューラーの作品は、Agnewsの株主のクリフォード・ショアラー氏は2019年の時点でこの作品がデューラーのものだと見抜いていた。ショアラー氏は当時「これは今まで見た中で最も偉大な贋作か、傑作かのどちらかだ」と語っていた。
ウィーンの画廊アルベルティーナのキュレーターを務めるクリストファー・メツガー氏と大英博物館の版画・素描部門の元キュレーターのジュリア・バートラム氏は、この作品が真作と断定した。ふたりは、デューラーは『動物に囲まれてイエスを抱く聖母』(1506年頃、The Virgin with a Multitude of Animals)の制作中にこの作品を描いたとみている。
関連ニュース
ワクチンの必要性を説く女帝エカテリーナ2世の書簡 ロンドンでオークションへ
ピカソの作品11点、総額1億ドル超で落札
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала