登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

日本 アフリカ3カ国の水際対策強化 新型コロナ変異株

© AP Photo / Eugene Hoshiko岸田首相
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 27.11.2021
フォローする
日本の岸田首相は27日、南アフリカなどで新型コロナウイルスの新たな変異株が検出されたことを受け、新たにモザンビーク、マラウイ、ザンビアの水際対策を強化することを明らかにした。読売新聞が報じている。
岸田首相は東京で記者団に対し、モザンビーク、マラウイ、ザンビアの水際対策を強化することを明かした。同国を訪れた日本人らに対し、帰国後は待機施設で10日間の待機を求めるという。
ロシアでも11月28日から南アフリカ、香港、さらにアフリカ8か国からの入国制限を強化する。
WTO本部(ジュネーブ) - Sputnik 日本, 1920, 27.11.2021
新型コロナウイルス
WTO閣僚会議、新変異株の影響受け延期に
日本は26日、南アフリカ、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、レソト、エスワティニの6か国からの入国制限を強化することを明らかにしている。
これより前、米国は11月29日から南アフリカを含むアフリカ8ア国からの外国人の入国を制限することが報じられた。バイデン政権は11月8日に入国制限を解除したが、わずか3週間での制限復活となる。対象となるのは南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエ、ナミビア、レソト、エスワティニ、モザンビーク、マラウイからの渡航者。
関連ニュース
WHO、新たな変異株を「オミクロン」と命名
香港 旅行者2名から新たな変異株「B.1.1.529」を確認
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала