登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

モデルナ 新変異株に対抗の「全く新しい」ワクチンの開発時期を発表

モデルナ - Sputnik 日本, 1920, 29.11.2021
フォローする
モデルナは、新たなコロナウイルス変異株に対抗するワクチンを2022年初頭に作成することができる。モデルナ社のチーフ・メディカル・オフィサーであるポール・バートン氏がBBCの取材に明らかにした。開発時間の短縮が可能な理由についてバートン氏は同社のワクチンの伝令RNAワクチンの開発は迅速に行うことができるためと語っている。
バートン氏は「全く新たなワクチンを製造するとなれば、できるのは2022年初頭になるだろう。ワクチンは今までよりも大量に生産ができるようになる」と語り、モデルナのプラットフォームと伝令RNAワクチンの優れた点は、ワクチン開発が迅速にできる点にあると指摘した。同種のワクチンにはファイザーとバイオエヌテック社の共同開発ワクチンが属している。これに対してアストラゼネカ、ロシアのガマレイ研究所開発のスプートニクⅤはベクターワクチン。
バートン氏は、この新たな変異株「オミクロン」には既存のワクチンを回避する可能性があると指摘する一方で、懸念の有無にかかわらず既存のワクチンによる接種を勧めた。
この声明の前に世界保健機関(WHO)は、新型のオミクロン株が他の変異株よりも重症化しやすいという証拠はまだないと指摘している
関連ニュース
南ア保健省、オミクロン株の特徴とワクチンの有効性について語る
ナミビアから日本に入国、コロナ陽性の男性 オミクロンかどうか解析中
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала