登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

国連が警告:農業でのプラスチックの不合理な使用が世界的は惨事に

CC0 / Pixabay / プラスチック
プラスチック - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2021
フォローする
国連の研究者らは、世界各地で、特にアジアで、農業でのプラスチック製品の不適切な大量使用を確認し、こうしたことが世界的な食糧の安全、しいては人々の健康にとって脅威となると警告した。ガーディアン紙が報じた。
国連食糧農業機関(FAO)の報告によれば、今日、土壌は海洋以上に大量のマイクロプラスチックで汚染されている。専門家によれば、これは毎年、食料および農業分野で数百万トンのプラスチックが使用された結果だという。同機関は、たとえば食品の保護や温室を覆う上でプラスチックが便利であることを認識している。また、ポリマーコーティングされた肥料の顆粒がゆっくりと効果的に栄養素を分泌することが知られている。ガーディアン紙によれば、それでも専門家らは、農業でのこうした安価なプラスチック使用のすべての利点は、自然環境に廃棄され、破損・分解したプラスチック製品の微粒子による土壌汚染リスクの深刻さとは比較にならないと主張する。
プラスチック - Sputnik 日本, 1920, 27.08.2021
マイクロプラスチックを抽出する新しい方法 大学生が発見=英BBC
報告では、土壌そのものから大量のマイクロプラスチックが発見されたことに特別な懸念を表明している。プラスチックゴミは食物連鎖の過程で蓄積される可能性がある。報道によれば、このゴミは有害添加物を含み、汚染された土壌で栽培された農作物に病原体をうつし、その後、人体に入り込むことになる。また、専門家によれば、2030年までにプラスチック製品に対する世界的な需要は50%も高まるという。報道によれば、この関連で国連食糧農業機関は、プラスチックの使用を避け、これらの製品を天然性、または生分解性の製品に置き換えること、リサイクル可能な製品を普及すること、廃棄物処理を改善することなどを常に訴えている。
通信社「スプートニク」は以前、日本がマイクロプラスチックとの世界的な闘いに貢献しており、同国政府が来年から12種類の使い捨て製品の削減を民間企業に要求していることについて報じている。
関連ニュース
「クリーン」プラスチックの生産はまだかなりのコスト高
使い捨てプラスティックはもうサヨウナラ:ケンブリッジ大研究チームがスパイダーシルク模倣の新素材開発
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала