登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

バイデン氏がウクライナのNATO加盟を支持、ロシアへの領土譲渡は議論せず=ウクライナ大統領府長官

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行Пресс-конференция президента США Дж. Байдена
Пресс-конференция президента США Дж. Байдена - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2021
フォローする
ウクライナと米国の電話首脳会談が1時間半にわたって開催され、ウクライナとロシアの関係について協議が行われた。会談でジョー・バイデン大統領はウォロディミル・ゼレンスキー大統領に対し、北大西洋条約機構(NATO)への加盟はウクライナ国民の意思にかかっていると表明した。なお、NATO加盟に際し、ロシアに領土上の譲歩を行う可能性については議論されなかった。ウクライナ大統領府のアンドレイ・エルマク長官が表明した。
エルマク長官はテレビ局「1+1」の生中継で次のように発言した。
NATOや同盟関係の条件、ウクライナのNATO加盟に向けた取り組みについてここ数日間で話し合った。NATO加盟に関する決定、これは純粋にウクライナ国民の決定であり、これは独立した主権国家であるとバイデン大統領は極めて明確に発言した。
米国とウクライナの兵士(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2021
米軍がウクライナに軍事支援、「責任ある使用」に期待=ペンタゴン
なお、NATO加盟に際し、ウクライナの国益にかなわない譲歩の可能性については会談で議論されなかったという。ホワイトハウスのジェン・サキ報道官もブリーフィングで、ロシアにウクライナ領の一部を譲歩する可能性があるという報道は完全なデマであると指摘していた。
先にバイデン大統領は、ロシア、NATOの主要加盟国、および米国のサミット開催に向けて用意をしていることを記者団に明らかにした。バイデン氏によると、このサミットについては10日にかけて公表されるという。このサミットではNATOの東方拡大に関するロシアの懸念について議論し、東欧の緊張緩和に向けた取り組みが議論される見通し。
関連ニュース
ウクライナ海軍の船がロシア国境に接近、挑発行為としてロシア側は反発=連邦保安庁
米国の政治勢力は対露制裁で票集めを目指す=露大統領
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала