登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

プーチン大統領 2022年第2四半期までに80%の免疫獲得を要請

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行ロシアのウラジーミル・プーチン大統領
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
フォローする
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアは新型コロナウイルスに対する集団免疫を80%まで引き上げる必要があり、来年の第1四半期の終わり、または第2四半期までにこの目標を達成できるという希望をもっていると表明した。
「世界中が新型コロナと闘い、この取り組みは今も続いている。私たちは、新型コロナウイルス『オミクロン株』の危険性を理解している」。
プーチン大統領はまた、ロシアではコロナによる死亡例が減少していないと指摘した。
例年の記者会見の席でプーチン大統領は、「コロナウイルスによる死亡例に関しては、把握するのが難しい。誰かが何かを隠そうとしているからではない。それはまったく違う」と語った。
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
プーチン大統領 ロシアの対外債務は世界でも最小レベルまで削減
同大統領は、ロシアの死亡率の高さは、集団免疫が54.9%という低い水準にあることに関連していると強調した。
また、同大統領は、「私は、私たちの保険制度を、すべてが可能な限りオープンで、理解可能で、明確であり、また人々がこのワクチン接種の重要性を理解できるようなシステムにしようとしている」と語った。
プーチン大統領は、ワクチン接種の必要性は理解されるべきだが、それを拒否することで迫害されることがあってはならないと述べ、「押しつけを始めたら、回避する方法が出てくる」と指摘した。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала