登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

中国で胎児入りの恐竜の卵が発見

© 写真 : UNIVERSITY OF BIRMINGHAMИдеально сохранившийся эмбрион динозавра внутри окаменелого яйца, обнаруженного в Китае
Идеально сохранившийся эмбрион динозавра внутри окаменелого яйца, обнаруженного в Китае - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
フォローする
中国南部で地元の研究者、英国、カナダの研究者らの手によって、今から7200万年から6600万年前に生息していたオヴィラプトル属の恐竜の卵が、良好な状態の胎児の骨を中に保存した形で発見された。調査の結果は学術誌iScienceに掲載された。
胎児はベイビー・インリヤン(英良)と命名された。胎児の年齢は7200万歳から6600万歳で頭からしっぽまでの体長はおよそ27センチ。卵自体の長さは15センチメートル強。実はインリャンは2000年の時点で発見されていたものの、他の化石とともに保存庫に入れられていた。中に貴重なものが隠されていることは2015年、広州にインリャン石自然石史博物館の建設作業中でようやくわかったという。
バーミンガム大学の研究者フィオン・ワイズム・マ氏の話では、「これだけ良好な状態で恐竜の胚が発見されたことはかつてない」ただし恐竜の体の一部は化石に覆われているため、再現にはスキャンニングが必要とされている。
インリアンの研究により、恐竜と現在の鳥類との関連性が立証された。例えば、インリアンの皮膚は小さな羽毛で覆われているが、これと似た羽毛はニワトリなどの胎生にも見られる。しかも、胚は卵の中で丸まった状態で見つかったが、こうした姿勢は孵化直前の鳥類に特徴的。マー氏は「これは現在の鳥類の行動が、恐竜の祖先にまず出現し、進化したことを示している」と指摘している。
関連ニュース
イタリアの税関、小包の中から恐竜の卵を発見
熊本の牧場から「巨大鳥」エミューが脱走 25羽中5羽行方わからず
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала