登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

日本国内 京大調べ「オミクロン株の発症防ぐ免疫があるのは14.8%」

SARS-CoV-2 - Sputnik 日本, 1920, 25.12.2021
フォローする
京都大学研究グループが日本国内の新型コロナ変異種オミクロン株に対するワクチン効果を分析し、現時点で、発症を防ぐだけの免疫を持つ人は14.8%にとどまるという推定結果をまとめた。NHKが報じている。
グループはmRNAワクチン接種後のオミクロン株に対する免疫の変化を調べた豪大学の研究結果や、日本のワクチン接種データなどから、国内でどの程度の人がオミクロン株への免疫を持っているかを推定。同研究グループを率いる西浦教授は今月22日、厚生労働省の専門家会合で推定結果を発表した。
その結果、発症を予防できる水準の免疫を持つ人は14.8%、重症化を予防できる免疫を持つ人は38.7%、死亡を避けることができる免疫があるのは37.5%という推定になった。
西浦教授は「オミクロン株に対する免疫は不十分。極めて短い時間で広がるため医療体制のひっ迫が強く憂慮される」とコメントしている。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала