登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
羽生選手 - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
フィギュア特集

羽生選手はフィギュアスケートの天才=露フィギュア男子新王者

© Sputnik / Vladimir Pesnya / フォトバンクに移行羽生選手
羽生選手 - Sputnik 日本, 1920, 01.01.2022
フォローする
昨年末にロシアのサンクトペテルブルクで開かれたフィギュアスケートのロシア選手権男子シングルで優勝したマーク・コンドラチュク選手(18)が、五輪2連覇の羽生結弦選手(日本)と世界選手権3連覇のネイサン・チェン選手(米国)を比較した。
コンドラチュク選手は「ユヅル・ハニュウそれともネイサン・チェンか?ハニュウです。とはいえ、私はチェンがとても好きです。彼には新しい現代的なプログラムがあり、それを見るのは興味深いです。彼のステップは卓越しています。でも、私は子どもの頃からハニュウが好きです。彼はフィギュアスケートの天才だと思っています」と語った。
またコンドラチュク選手は自身について、ロシア代表チームのリーダーだとは考えていないとし、「自分をロシア代表チームのリーダーとみなすためには2回以上勝たなければなりません。ですから、私は今も自分をリーダーだとは考えていません。私はただロシア選手権で勝っただけです」と述べた。
2014年以降、ロシア選手権の男子シングルで優勝したのはわずか3選手。マキシム・コフトゥン選手が4回、ミハイル・コリヤダ選手が3回(前回王者)、ドミトリー・アリエフ選手が1回。
またコンドラチュク選手は、構成や内容のまとまりなどの点で自身が傑作だと考える演目について、「それはアレクセイ・ヤグディンの『仮面の男』とユヅル・ハニュウの『SEIMEI』です。これらはすべてにおいて完璧です。そこには要素があり、ストーリーがあります。これらのプログラムでは何十回見ても常に何か新しいものを見つけることができます。なんらかのアクセントや、最初は気づかなかった小さな動き。それらがその後、感銘を与えるんです」と語った。
関連ニュース
羽生選手は4回転アクセルの世界への扉を開く=ロシア功労コーチ
「羽生結弦は異星の人」 ロシア人専門家が日本男子シングルのレベルを評価
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала