研究者が証明 早朝の朝食がダイエットを促進

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所と他の生物医学研究センターの栄養士らが、食物吸収と食事療法の有効性の研究の中で、朝食をできるだけ早い時間にとることで体重減少が促進されることを明らかにした。研究結果が雑誌『Nutrients』に掲載された。
実験では、ボディマス指数(BMI)が22から29の被験者109人(39歳から55歳)に、12週間の減量プログラムが実施された。プログラムの内容は過大なものではなく、参加者は、摂取カロリーを100キロカロリー減らし、1日の歩数を通常より1000歩多くするだけでよかった。
参加者の半数が午前6時20分から7時10分の間に食事し、残りは午前8時10分から9時15分の間に朝食をとった。前半グループの参加者は体重が3.8%減少したのに対し、後半グループの参加者は2.2%の減少にとどまった。これにより、朝食を早く食べた参加者は、より早く体重が減少することが明らかになった。
日本の研究者は、早い時間に朝食をとることがダイエットに有効であること証明した。彼らは、その理由は、早い時間に充実した朝食をとり1日をスタートさせる人は、遅い時間に食べる人に比べて1日の前半の身体活動が活発であることに起因しており、食べ物の消化が促進され、痩せるスピードが速くなったのだと考えている。
関連ニュース
寿命を縮める食品が明らかに
脳を11歳も老化させる食品とは
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала