Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

オミクロン株の波の後、感染率は低下する=ビル・ゲイツ氏

© AP Photo / Nati Harnikビル・ゲイツ氏
ビル・ゲイツ氏 - Sputnik 日本, 1920, 12.01.2022
マイクロソフト創設者のビル・ゲイツ氏は、各国における新型コロナウイルスの感染者数は、オミクロン株による波の後に減少し、コロナウイルスは季節性インフルエンザのように扱われるとみなしている。
ゲイツ氏は、自身のツイッターにこのような意見を記した。

各国がオミクロン株の波に直面すると、医療制度は苦戦する。重症者のほとんどはワクチン未接種だ。オミクロン株が国を過ぎ去った後、今年の残りの期間は感染者数がはるかに少なくなるはずで、コロナウイルスは季節性インフルエンザのように扱われる。

オミクロン - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2022
新型コロナウイルス
欧州人口の半分以上 今後数週間でオミクロン株に感染=WHO
また、ゲイツ氏はコロナウイルスの起源について、データは別の種から人間に感染したことを示唆していると記した。同氏は「将来、他の種からも感染症は発生するため、それらに備えるために投資しなければならない」とみなしている。
先に、ゲイツ氏は、「オミクロン株」が登場し、人類は最も困難な状況に直面しているとしながらも、2022年内にパンデミックが終了する可能性は残されていると表明した
関連ニュース
WHO オミクロン株をめぐる困難な状況はあと3ヶ月続く
南ア研究者「オミクロン株の出現はパンデミックの終わりを意味する」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала