登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

鶏卵からコロナのワクチン 製造技術が開発

卵 - Sputnik 日本, 1920, 12.01.2022
フォローする
米国、豪州の研究者らがニワトリの卵から採取されたIgY免疫グロブリンを使った新型コロナウイルスのワクチンの前臨床試験および一部は第1治験を行った。
学者らは一連の国でワクチン接種のレベルが低い理由について、薬の開発に必要な重要な成分の不足も一因と指摘している。これを解決するために、安価で有効かつ安全で製造が容易な代替が模索されている。
研究では採卵鶏にSARS-CoV-2のスパイクタンパク質の受容体結合部位(RBD)を注入したところ、数週間後、卵の中に必要なレベルの抗体が生成されていることが確認された。臨床試験で、卵の中にできた抗体は点鼻薬の形で健康な人体に使用した結果、安全性、忍容性が示された。
普通の風邪がコロナ感染を防ぐ 防御メカニズムが解明 - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2022
新型コロナウイルス
普通の風邪がコロナ感染を防ぐ 防御メカニズムが解明
研究者らは、鶏卵の免疫グロブリンをベースとした点鼻薬型ワクチンは現在、検出されている全種類の新型コロナウイルスの変異株に対して有効性を発揮し、唯一、鶏卵アレルギーを持つ人を除いて、広範囲に用いることができると指摘している。
関連ニュース
軽症、無症状のコロナ感染に潜む危険性 米国研究者
米研究チーム コロナ感染後の抗体が「健康な細胞を攻撃する可能性」
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала