登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

臓器にイニシャル:英国の外科医、患者の肝臓に自分のイニシャルを刻印

© Sputnik / Igor Onuchin / フォトバンクに移行医者(アーカイブ)
医者(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 14.01.2022
フォローする
英国の医療従事者法廷サービス(MPTS)は今月10日、同国の病院で手術中に患者2人の肝臓に自分のイニシャルを刻印したことを裁判で認めた外科医のサイモン・ブラムホール元被告(57)の事件を審査し、ブラムホール元被告の医師免許を剥奪した。BBCが報じた。
ブラムホール被告は2013年2月と8月、勤務していたバーミンガムにあるクイーン・エリザベス病院で臓器移植の手術中、患者の肝臓にアルゴンレーザーで自分のイニシャルを刻印した
手術から1週間後、臓器がなじまなかったため患者の1人が再移植を受けたところ、4センチのイニシャルが見つかった。
結合双生児 - Sputnik 日本, 1920, 02.01.2022
結合双生児が公務員に就職 給料は2人分
報道によると、ブラムホール被告は2014年に病院を退職、2017年12月に暴行罪で有罪判決を受け、社会奉仕と1万ポンド(約157万円)の罰金を言い渡され、その後、医業停止処分を受けていた。
医療従事者法廷サービス(MPTS)は今月10日、この事件を審査し、ブラムホール元被告が「専門家としての一定の傲慢さから」自分のイニシャルを残したと発表した。「患者らは長期的な身体的害を受けなかった」が、患者の1人にメンタルヘルスの問題が生じたという。
関連ニュース
米外科医 裁判所からのZoom審理に手術室から応答
ポルトガル 10代の若者らが気候変動に弱腰の33か国を提訴
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала