米国人の半数以上、バイデン氏による対露関係の築き方に反対=世論調査

© REUTERS / Kevin Lamarqueバイデン大統領
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2022
CBSニュースが行った世論調査の結果によると、米国人の半数以上が、ジョー・バイデン米大統領のロシアとの関係の築き方に反対している。
バイデン大統領の就任1周年に合わせて行われた調査は、米国人の56%が総じてバイデン大統領の仕事ぶりに反対していることを示している。
「バイデン大統領のロシアにまつわる問題の解決の仕方を支持しているか」という質問に対し、回答者の55%が支持しないとした。中国にまつわる同じ質問に対しては59%が支持しないとした。
調査のデータからは、外交政策について米国人がさらなる厳しさを望んでいるのか、逆に、和らげることに賛成しているのかは明らかになっていない。
トランプ - Sputnik 日本, 1920, 16.01.2022
「ロシアについての捏造が米国の運営を複雑にしていた」 トランプ氏
また、回答者の45%は、バイデン大統領の政策は世界からの米国に対するリスペクトの喪失につながったと考えている。一方、36%はそうは思わないと回答した。
回答者の半数はバイデン政権に対し「失望」や「落胆」したとし、25%だけが「満足している」「平穏だ」と明かした。
CBSニュースおよびYouGovによる世論調査は、2094人の米国の成人を対象に1月12〜14日に実施された。調査の誤差はプラスマイナス2.5%と推定されている。
関連ニュース
米国、ロシアとの新たな交渉に期待=米国務省
米中貿易戦争で他国の輸出は増加
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала