ツイッター 政府からの削除要請で日本が最多 犯罪に関わるツイートが大半

© REUTERS / Kacper PempelЛюди со смартфонами на фоне логотипа Twitter
Люди со смартфонами на фоне логотипа Twitter - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
米ツイッター社が25日に発表した最新の「透明性に関する報告書」で、世界各国の政府から投稿の削除要請があったうち、日本政府が最多で43%を占めていたことが分かった。26日にテレ朝NEWSが報じた。
報告書によると、各国の政府からの削除要請が計5カ国で全体の95%を占めており、日本政府が最多で43%。次いでロシア、トルコ、インド、韓国が続く。

要請があったツイートは、薬物やわいせつ物、金融犯罪に関係する内容のものが大半だったという。
同社は要請の54%に対応しており、該当するコンテンツの表示制限・削除を行っている。
関連記事
イーロン・マスク氏、ツイッターのNFTプロフィール画像機能導入を批判
米国 進行性麻痺の男性 思考だけでツイート
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала