ガンを引き起こしやすい野菜が明らかに

野菜 - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
国際がん研究機関が、でんぷん質を含まない野菜の缶詰は悪性腫瘍の発病リスクを高めると発表した。エクスプレス紙が報じた。
缶詰食品には栄養や味を保ちながら、腐敗速度を遅らせるために塩と酸を食品に添加されている。
研究者たちによれば、高濃度の塩分は胃壁を保護する粘液の粘り度を変化させ、N-ニトロソ化合物を含む化合物の生成を増加させる。塩分を過剰に摂取すると細胞に最初の障害を引き起こし、その結果、がんが引き起こされる恐れがある。
先日、英国ガン研究所はガン細胞を殺し、腫瘍の成長を止める「スーパーフード」について発表している。
関連ニュース
がんの発症リスクを高める3つの習慣とは?
男性のがんリスクを91%増加させる人気のサプリメントが明らかに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала