Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

南アの新型コロナウイルス 実験は危険 ロシア人ウイルス学者が警告

© Depositphotos / AngellodecoТест-образец на предметном столе микроскопа
Тест-образец на предметном столе микроскопа  - Sputnik 日本, 1920, 29.01.2022
南アでコウモリから検出された新たなコロナウイルスNeoCoVについて、モスクワ物理技術研究所ゲノム工学実験室のパーヴェル・ヴォルチコフ室長は、ウイルスは実験室内でいじることでその病原性が肥大し、人類にとって危害を及ぼす存在になりかねないとして、実験を避けるべきと指摘している。
ヴォルチコフ氏は、新しいウイルスは実験の過程で変異し、これによってヒトに危険を及ぼしうると警告している。NeoCoVにはヒトへ移行する潜在性がある。その理由はSARS-CoV-2 —アンジオテンシン変換酵素2 (ACE2)と同じ受容体と関連があるからだが、NeoCoVはこれを別の方法で行うことができる。
ロンドン - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
新型コロナウイルス
英国、マスク着用義務や在宅勤務、ワクチンパスポート撤廃
コロナウイルスSARS-CoV-2に対する免疫は異なるスパイクタンパク質を持つNeoCoVには効き目がない。ヴォルチコフ氏は「このウイルスがコウモリからヒトに移行することはありうる。だからここで大事なのはその移行を促さないことだ。ウイルス学者らが病原体をヒトの細胞に感染させるテストを開始するやいなや、次のパンデミックを誘発するリスクを高めてしまう」と危惧を表している。
武漢の研究所は調査の結果、南アでコウモリから新型コロナウイルスNeoCoVが検出されたと発表している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала