税務署の女性職員が風俗で兼業、収入125万円

CC0 / Pexels / Обнаженная женщина
Обнаженная женщина - Sputnik 日本, 1920, 01.02.2022
東京国税局はソープランドなどで働き、国家公務員法の兼業禁止規定に違反したとして、東京都内の税務署に勤務する女性職員(27)を停職9か月の懲戒処分としたと発表した。読売新聞が報じた。
報道によると、女性職員は2020年10月から2021年1月にかけて、平日の夜間や病気休暇を利用して都内のソープランドでアルバイトしていたという。女性は3店舗で計150日間勤務し、計約125万円の収入を得ていた模様。同僚職員からの情報提供で兼業が発覚した。
調査に対し、女性職員はホストクラブでの飲食代を捻出するためだったと説明しているという。懲戒処分を受けて女性職員は依願退職した。
関連ニュース
「佐渡島の金山」日本政府は明日にも世界遺産の推薦書を提出へ
栃木 収穫直前のイチゴ「とちおとめ」約100キロが盗まれる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала