日本 「Go Toトラベル」給付金 新たに不正受給が発覚 HISに続き2社

© REUTERS / Issei Kato「Go Toトラベル」
「Go Toトラベル」 - Sputnik 日本, 1920, 04.02.2022
日本の観光庁は4日、政府の観光支援策「Go Toトラベル」の給付金を巡り、2つの旅行会社が不正に受給していた疑いがあると明らかにした。日本のメディアが報じた。
観光庁によると、旅行会社「旅工房」と「トラベル・スタンダード・ジャパン」(いずれも東京都豊島区)の2社は、宿泊の実態がないにも関わらず「宿泊した」と申請し、給付金を受給した疑いが持たれている。
うち「旅工房」は、給付金として6億3000万円を申請していたとし、弁護士をトップとする調査委員会を設置したと発表した。
現在、観光庁が詳細を調査中で、不正が確認された場合は返還を求めるとしている。
「Go Toトラベル」を巡っては昨年、旅行会社大手「HIS」の子会社2社などが最大11億円を不正に受給していたことが発覚。調査中に今回の不正受給が浮上した。
関連記事
GoTo再開、当面見送りへ コロナ感染急拡大で2月以降に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала