みんなの地下鉄 モスクワのメトロでふわふわの大型動物が目撃

© Sputnik / Evgeny Biyatov / フォトバンクに移行アルパカ
アルパカ - Sputnik 日本, 1920, 05.02.2022
モスクワの地下鉄でアルパカが目撃された。アルパカは飼い主とどこかへ移動中だったが、当然のことながら、乗客の大きな関心を集めた。
モスクワ交通課は「安全管理局の職員らはアルパカをかわいそうに思い、規則には違反するものの、飼い主の乗車を許可した」と発表している。
飼い主の動物調教師のアンナ・クランツさんはアルパカを連れて地下鉄に乗らざるをえなかった理由について、車での移動に技術的な問題が生じたためと説明している。クランツさんいわく、アルパカは4歳で名前はグリーシャ。グリーシャは実はこれが地下鉄初体験ではなく、人生で3度目だそうだ。1人と1匹は1駅区間を乗って、乗り換えた。
ロシア交通運輸省は、ペット同伴の地下鉄乗車は自身や他の乗客に危害を加えたり、列車を停止させたりする恐れがあると憂慮しており、「動物たちは怖がっているかもしれません。どうか無理強いしないでください」と飼い主に注意を呼びかけている
関連ニュース
線路に座り込んだ白鳥 地下鉄を2時間運行停止 ロンドン
台湾の地下鉄 セーラームーンの杖で運賃が支払いに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала