よく無視してしまう胃がんの症状

© Depositphotos / motortionДевушка с болью в животе
Девушка с болью в животе - Sputnik 日本, 1920, 06.02.2022
胃がんの症状について医師らが語った。独誌フォーカスが報じた。
医師らによると、胃がんの場合、初期段階ではほとんど症状がないという。大多数の人が自分の症状をすぐにがんと結びつけるのではなく、無視したり、胃が敏感になっている、または食べ物が合わなかったなどと考える。医師らは、これが患者の3人に2人は進行した段階で胃がんがみつかる理由の1つだと指摘した。
医師たちは、コーヒー、アルコール、または特定の種類の果物に敏感な場合は特に注意するよう呼びかけた。また肉などの特定の食品に対する突然の不快感も警戒する必要があり、上腹部の持続的な痛み、圧迫感や膨満感、消化不良、嚥下困難、食欲不振などが起こる場合もあるという。
野菜 - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
ガンを引き起こしやすい野菜が明らかに
げっぷ、吐き気、嘔吐もよく生じるほか、腫瘍性疾患の一般的な症状である倦怠感、疲労感、動作能力の低下などもみられるという。
医師らは、早期発見により治癒の可能性が高まると指摘した。
関連ニュース
飲み水から抗生物質耐性菌が検出 世界中で死因のトップに
発症の4年前にガンを発見 米中の研究者が画期的な血液検査を開発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала