英国はロシアとの対話の調子変えるべき=露外務省

© Sputnik / Natalia Seliverstova / フォトバンクに移行露外務省
露外務省 - Sputnik 日本, 1920, 10.02.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は9日、英国のリズ・トラス外相との会談を前に声明を表し、ロシアは英国との平等な対話を支持するとの考えを明らかにした。また外相は、英国はロシアに対する論調を変えるべきであり、なんらかの制限が対話の発展を妨げてはならないと述べた。
ロシア外務省はまた、一連の国際問題、2カ国問題をめぐって、両国の立場には相違があるが、ロシアは「とりわけ国連安保理やG20の枠内での協力に関して、内容のある対話を持つことが有益である」との立場に立っているとした。とくにロシア外務省は、英国からは定期的に、「ロシアが攻撃的であり、情勢を不安定化させる活動を行なっている」かのような声明が出されていると指摘。
ホワイトハウス - Sputnik 日本, 1920, 09.02.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
米国、ウクライナ危機の悪化に備え難民受け入れの準備を開始=ホワイトハウス
「そうした声明はあからさまな脅しと言えるものになっている。英国は、政府指導部の発言の調子を明確に変更しないかぎり、2カ国間問題の解決においても、国際問題の調整においても、生産的な協力を行うことは不可能であることをはっきりと認識すべきだ」と指摘した。
さらに外務省は、「両国関係は平等と相互尊敬に基づくものであり、問題を阻む人為的な制限は取り除かれるべきだとの立場に立っている」とし、対話は双方に付加価値を与えるものとなり、実際的な行動につながるものであるべきだと強調した。
関連ニュース
フランス、ウクライナに1700億円相当の経済支援
日本カナダ首脳電話会談 ウクライナ情勢で連携を確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала