ベルギー政府、労働市場改革案を発表 週4日勤務も可能に

© 写真 : Asterionベルギー議会
ベルギー議会 - Sputnik 日本, 1920, 16.02.2022
ベルギーのアレクサンダー・デ・クロー首相は15日、週4日勤務を可能にするなどのよりフレキシブルなルールを規定する労働市場の改革案を発表した。
首相のウェブサイトに掲載された声明には、「この政策は、労働者が私生活と仕事のバランスをより良く調和させるために、さらなる自由と柔軟性を規定する」と述べられている。
特に「必要に応じて、休日を追加取得するために、1日あたりの労働時間を増やすことが可能になる」「したがって、フルタイムで週4日働くことができる」と述べられている。ただし、政府の案によると、週4日勤務に切り替えるには雇用主の同意が必要。
ニュージーランド - Sputnik 日本, 1920, 15.02.2022
ニュージーランド、性別変更を禁止する法案を可決
デ・クロー首相は、新型コロナウイルス感染拡大の「教訓を考慮に入れ」、労働市場を改革する必要があると考えている。同首相によると、政府の目標は現在の雇用率71%に対し、2030年までに80%に到達すること。
政府はまた、デジタル経済における雇用の創出、人手不足な職業の雇用条件や誘引性の改善、一時解雇通知を受け取った労働者に向けた求職や再訓練の支援などの措置を提案している。
こうした労働市場改革は、ベルギーの議会、労働組合および雇用者団体によって承認されなければならない。
関連ニュース
ベルギー 警察が警棒で学生を武装させ抗議デモ解散に関する体験学習を実施
スマーフがパスポートに:ベルギー、漫画キャラクター入りのパスポート交付へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала