ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ドネツクとルガンスクで総動員令

© Sputnik / Sergey Averin / フォトバンクに移行ドネツクとルガンスクで総動員令
ドネツクとルガンスクで総動員令 - Sputnik 日本, 1920, 19.02.2022
自称ドネツク人民共和国のデニス・プシーリン大統領が、総動員令に署名したことを発表した。
同大統領はビデオメッセージで「予備役に呼びかける。軍事委員会に出向くように。本日、私は総動員令に署名した」と述べた
ドネツク共和国人民評議会は総動員令を承認。
ルガンスク共和国のパセチニク大統領も同様に、総動員令に署名したことを発表した。
ここ数日、ドンバスの衝突状況が本格的に激化している。ウクライナ政府はこれまでの合意を一切無視し、ドネツクおよびルガンスク共和国との境界線に軍の大半を集中。禁止兵器を使うなどして義勇兵への発砲を定期的に行っている。ドネツク共和国のプシーリン大統領は、近日中にウクライナのゼレンスキー大統領は軍にドンバス侵攻開始を命ずるだろうとしている。
ウクライナのゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 19.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
米、ゼレンスキー大統領のミュンヘン会議への出席に懸念
ルガンスク人民共和国のレオニード・パセチニク大統領は18日、住民に対し、ロシアに避難するよう呼びかけた。またパセチニク大統領は、共和国の幹部と治安機関に対し、社会福祉施設の避難を保障し、住民のロシアへの移動を援助するよう指示した。またドネツク人民共和国のデニス・プシーリン大統領は、ウクライナ侵攻の脅威を前に、18日から大規模な住民の避難を行うと述べた。
関連ニュース
バイデン米大統領、ルガンスク・ドネツク両人民共和国を非難 ウクライナ東部での停戦に違反
ルガンスク人民共和国でもガスパイプラインが爆発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала