日本海で墜落の空自F-15戦闘機 フライトレコーダーを発見・回収

先月末、日本の航空自衛隊小松基地に所属するF15戦闘機が日本海で墜落した事故について、航空自衛隊は25日、同機の飛行データを記録したフライトレコーダーを発見し、回収したと発表した。日本のメディアが報じた。
事故は先月31日に発生。F15戦闘機は飛行訓練中にレーダーから消え、日本海に墜落した。この事故で搭乗していた隊員2人が死亡した
航空自衛隊によると、フライトレコーダーはこれより前に発見された、海底に沈んでいた垂直尾翼の近くで見つかったという。また、2基のエンジンも発見し、同日、ともに回収した。
これまでの調査では、戦闘機の離陸直後、基地の管制官がオレンジ色の光に気付き、無線で呼びかけたものの応答がなかったことや、パイロットの脱出時に発信される救難信号も受信されなかったが明らかになっている

航空自衛隊は今後、記録データを解析するなどして事故の詳しい状況を調査する方針。
関連記事
日本の自衛隊、トンガでの支援活動を終了
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала