トヨタ  国内全14工場で明日の稼働停止 取引先にサイバー攻撃

© Sputnik / Alexei Kudenko / フォトバンクに移行トヨタ
トヨタ - Sputnik 日本, 1920, 01.03.2022
28日夜、トヨタ自動車はサイバー攻撃を受けた取引先からの部品調達に支障が出ることを懸念し、翌日3月1日に国内の全14工場の稼働を停止することを明らかにした。NHKが報じた。
NHKの報道によれば、サイバー攻撃を受けたのは車の内装や外装に関連する部品を製造している愛知県豊田市のメーカーで、これにより、部品の発注や受注に関するシステムに影響が広がっている。
日本経済新聞によれば、サイバー攻撃を受けたのは豊田市にある、樹脂部品を手掛ける小島プレス工業であった可能性が指摘されている。3月1日の稼働停止後、翌日の復旧の可能性についてはトヨタ自動車は日経新聞からの質問に回答を避けている。
関連ニュース
住友電気工業、ウクライナにある自動車用ワイヤハーネス工場停止
トヨタ、安全なドリフト機能を備えた自動運転を披露
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала