ウクライナにおける紛争は世界の飢餓を引き起こすおそれがある=国連

© Sputnik / Sergey Venyavskiy / フォトバンクに移行穀物
穀物 - Sputnik 日本, 1920, 12.03.2022
国連世界食糧計画(WFP)のトムソン・フィリ報道官は11日のブリーフィングで、ウクライナでの紛争が食料価格の上昇や世界の飢餓を引き起こすおそれがあると表明した。
フィリ氏は「欧州の穀倉地帯として知られる黒海盆地は、穀物や農産物の生産にとって最も重要な地域の1つだ。ウクライナとロシアは世界の小麦輸出の30%、世界のトウモロコシ輸出の20%、ヒマワリ供給の76%を占めているため、生産または供給のあらゆる中断は価格上昇を引き起こすおそれがあり、すでに自国の高い食料インフレの被害を受けている数百万人の人々に影響を与えている」と述べた。
リンゴを持っている男性 - Sputnik 日本, 1920, 05.02.2022
世界の食料価格、上昇続く 
同氏によると、食料と燃料の価格上昇はWFPの活動費も増加させ、パンデミックと世界的なインフレによって2019年からすでに50%増えた経費を増加させているという。
ロシアのプーチン大統領は、24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
関連ニュース
ウクライナ情勢は国連安保理のシステムに関する大きな問題を浮き彫りにした=エルドアン大統領
ウクライナの軍事生物兵器開発疑惑を巡り、 国連が生物兵器禁止条約の適用を提案
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала