ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ドネツク・ルガンスク両共和国の指導者、プーチン大統領にウクライナ軍撃退の支援要請

© Sputnik / Viktor Tolochkoドネツク人民共和国の指導者デニス・プシーリン氏
ドネツク人民共和国の指導者デニス・プシーリン氏 - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
ドネツク人民共和国の指導者デニス・プシーリン氏およびルガンスク人民共和国の指導者レオニード・パセチニク氏は、ロシアのウラジミール・プーチン大統領に対し、民間人の犠牲者を避け、ウクライナ東部での人道的悲劇を防ぐために、ウクライナ軍の攻撃を撃退するよう要請した。23日、ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官が発表した。
ペスコフ氏は「ウラジーミル・プーチン大統領は、ドネツク人民共和国の指導者デニス・プシーリン氏およびルガンスク人民共和国の指導者レオニード・パセチニク氏から要請の書簡を受理した」と明らかにした。
またペスコフ氏は、書簡の本文を引用し「現在、状況の悪化とウクライナ政府からの脅威のため、両共和国の市民は避難を余儀なくされ、引き続きロシアへ避難していると強調されている」とし、「両共和国ではウクライナ軍による侵攻が続いている中、民間および産業インフラ、学校、病院、幼稚園が破壊され、そして最も恐ろしいのは子供を含む民間人が犠牲となっていることだ。ウクライナ政府の行動は、ドンバスでの戦争を終わらせたくないことを証明している」と非難した。
EUが正式に対露制裁 ドネツク、ルガンスクの承認を理由に  - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
EUが正式に対露制裁 ドネツク、ルガンスクの承認を理由に
プーチン大統領に宛てられた書簡では「ウクライナ政府は、米国など西側諸国から軍事支援を含む包括的な支援を受けながら、連絡線での軍事的プレゼンスを増強し続けている。ウクライナ政府は、紛争の武力的解決を方向づけている」と述べられている。
ペスコフ氏は「前述のことを踏まえると、現状を受け、また、友好・協力・相互関係に関する条約に基づいて、民間人の犠牲や人道的悲劇を防ぐために、2つの共和国の指導者は、ロシア連邦と両共和国の間の協力と相互支援、そしてウクライナ軍の攻撃を撃退するよう要請している」と語った。
関連ニュース
ウクライナはロシア史の一部、ロシア領から人為的に作られた国家
トランプ氏が高評価 ロシアによるドネツク、ルガンスクの独立承認は「天才的」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала